ビフィズス菌を摂るタイミング

女性の多くが悩まされている便秘。

便秘は腸内環境が悪くなることによって引き起こります。

便秘になるとお腹が張って苦しいですし、にきびなど肌トラブルも起こりやすくなります。

便秘薬に頼っている人もたくさんいると思いますが、なるべく自然な形で出したいですよね。

人の腸の中に住む細菌の数は1000種類以上あり、9000兆個もいるとのこと。

でもその中で善玉菌と呼ばれるものはとても少ない数なのだとか。

いかに善玉菌を元気にすることが便秘予防に効果があるかわかりますよね。

その善玉菌で有名なのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌はヨーグルトや乳酸菌飲料にたくさん含まれているので、ヨーグルトや乳酸菌飲料を率先して摂っている人も多いと思います。

でも「毎日ヨーグルトを食べているのに便秘気味だ」

なんて人も中にはいますよね。

実はビフィズス菌には正しい摂り方があるのを知っていましたか?

ビフィズス菌を正しく摂って腸の環境を良くしたら、長年悩んでいた便秘ともさよならできますよ。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を摂るタイミングはいつですか?

多くの人が朝ごはんに摂ることが多いと思います。

私も毎朝ヨーグルトと乳酸菌飲料を欠かしません。

でも、起きてすぐの胃が空っぽの状態でヨーグルトや乳酸菌飲料を摂っていませんか?

実はその摂り方が間違いなのです。

ビフィズス菌は胃酸に弱いので、胃が空っぽの状態でビフィズス菌を摂ると効果がありません。

先にパンやごはんなど他の物を食べて、最後に摂ると生きた状態で腸まで届くのです。

また善玉菌のエサとなる食物繊維を摂ることも大切です。

せっかくビフィズス菌が生きて腸まで行ったのに、エサがなければ元気に活動することができません。

食物繊維がたくさん含まれているシリアルなどと一緒に食べると効果的です。

他にもビフィズス菌の効果的な取り方が紹介されているサイトがあります。

ビフィズス菌の取り扱い方を見る

すぐに効果が出るわけではありませんが、2週間ほどすると少しずつ違いが分かると思います。

どうせ摂るならより効果的に摂りたいですよね。